FECKLESS-ぶれぶれ主婦webライター

娘の名言と子育て暮らしにまつわるいろいろ雑記。特に教育、子ども用品、在宅ワーク、双極性障害について書いてます。たまにゲスい

最後に記事を更新したのは3か月前、ずっと体調が悪かったわけではない、何をしていたか

今週のお題「わたしのモチベーションを上げるもの」

お題とあってんのかな まーいいや。物じゃないけど「娘」ね。

girl

 

とりあえず

手が痛い。

なぜかというと、「なんで私はこんな風なんだー!!!」とよくある自己嫌悪ループに

引きずり込まれ、ものにあたった。

具体的に言うと、娘に理不尽な怒り方してしまった自分を責めて、冷蔵庫をバシバシたたいてみたら、思いのほか痛いし、手が真っ赤になる。やめておこう。被害者は冷蔵庫。

薬をたくさん飲むオーバードーズも身近な人がやってしまったときの醜態をみてからは、いつもより4倍飲んで、びびってやめた。

 

要は死にたいわけじゃないけど、自分を戒めたいわけで、滝行もどきをしたいだけ。

さっき子供とお風呂入ったのに、夏なのに今更「アイスバケツチャレンジ」をひとり行っても、誰も驚く人もいない単身赴任家庭では、ただただ自分が片づけるのが大変なだけだったりする。なにやってんだか。

超近況報告 メンのヘラり方の傾向を知る

メンがヘラってると言えばそれまでなのだが、メンのヘラりかたにもだいたい特徴があって、だいたいこういう状況下になると私の脳みそのある部分がヘラるってことはこの数年で実証済み。

なるべく回避したいけれど、よく考えたら記録とか全然残していないので、予兆が来た時にはもう遅い。

で、またアイスバケツチャレンジならぬ電撃ネットワークか!って突っ込む人もいない火遊びをして「あちっ」と花火でも向けられたような軽さで、自分を戒めてもなんもかわらないということを知るわけ。

「あー○○だったら、いいのになー」

の○○すらないんだなーーー

 

前置きが長くなりましたが、超近況報告が終わりました。

 

仕事はギリやれることだけ、あとゲームしていました

Make a wish .


三か月間何をしていたかというと、小さな仕事だけ細々と続け(ほとんど人と接しない)、心の波が落ち着くようにひたすらゲームしてました。

 

なんのためにこんなめんどくせーことやってるのかわからないくらい、レベルを上げてゲーム内通貨を増やすために金策をし、ゲーム内に友達を作って強い敵に挑み、

やっとエンドコンテンツを極めて達成した時には

もう「昔のマリオでボスのクッパにやられてる私」から脱却したよね。

 

と、ともにゲームとはいえ、成長した自分がそこにいたような気がする。

蜃気楼かな。

そんな気がするでいい ただ、ただちょっと前向きに考えれるようになって

少し仕事量を増やしてもよくなってきた。 かな。

 

あと、私よりダメっぽい人がいっぱいいることに気づけたのもよかったw

三か月の日常生活

三か月「知らない人がいるところにいくのが嫌だ」という理由で、友人の誘いも断り恒例のキャンプも行かず、学校行事もいけず、(地域パトロールだけはいった!)、最低限の家事をして、なるべく娘にだめな親を見せないようにひっそりと生きてきました。

 

十分見せてしまったけどね。

大丈夫かなー

娘の将来への影響

親の背中をみて育つっていうけど、

私の背中は反面教師ってやつにして、旦那さんの背中だけをよくみてほしいと

身勝手なことばかり考える夜。

そもそも、生まれた時からもっている素養をしっかりのばしてください。

神様仏様閻魔様。

母は子を愛し育てるもの…理想郷かよ!

baby feet

産んだら育てるのは私って決まってるってどういうことだ!

当り前っていうな!

育てやすい子じゃんっていうならら君がやれよ!

 

とはいっても、私には娘が必要で、いないとたぶんダメなのは私なんだろうなと。

 

ふと思う熱帯夜。

皆さんどうお過ごしですかね。乱文失礼しました、これラインで夫におくろうとおもったんで、やめてブログにしただけです、あは。

 

知ってる人で好きな人が元気でいられますように。w