FECKLESS-ぶれぶれ主婦webライター

娘の名言と子育て暮らしにまつわるいろいろ雑記。特に教育、子ども用品、在宅ワーク、双極性障害について書いてます。たまにゲスい

売れ残った犬はどこへ・・犬を「買う」ことと「飼う」ことに葛藤していた件

こんばんはRIKKAです。本日はシビアな話。

f:id:aoringoame3:20170915015600j:image

やっと我が家の子犬が予防摂取などをおえて、お散歩できるようになりました。

厳密には私が子犬のいろいろな決定権を持っているわけではありません。

同居している父が「買って」きました。

我が家では20年以上犬を飼ってきました。

甘い飼い主でしたが、それぞれにいい犬たちの想い出があります。

 

ペットショップで犬猫が売れ残ったら・・・

でも、ペットショップはあまり好きではありません。

もちろん天使みたいな赤ちゃん犬・猫はかわいいです。

ですが、一見きらびやかなペットショップの裏がおそろしい。 

 

ペット業界にいたわけではないし、ニュースや情報をとりにいっているだけで

本当の本当の現実はどうか知らないのですが、

でも一部の悪質ブリーダーやペットショップは母犬に毎年子犬を産ませたり、

売れのこった犬、とくに大きくなってしまった成犬は捨てられる確率が高いってことはわかっています。

個人を装って保健所にもっていったり、山に捨てたり・・・ひどい話を聞きます。

どんな理由にせよ飼っていても捨てる人がいるのに、さらに金銭目的の繁殖がおこなわれる現実。

 

じゃあ動物愛護の精神とやらで、同じ動物のブタや牛はいいのか?といったら・・・そこははっきりしていて食べるため以外に不必要な繁殖はだめだってことですが、

金魚なんてまさに見るだけ。魚か・・・

ほ乳類じゃないから大丈夫なような気がして、「生き物を大切にする」というボーダーラインは意外と曖昧です。

 

はっきり言えるのは、

前に保健所の処分室にいる犬の写真をみたときのこと、

死が近づいている目が死んでるってほんとこのことで、見てるだけで苦しかった。

 

なんとかして助けたいって気持ちをもちつつも、

自分のことで精一杯でわすれたり思いだしたり・・・

 

そんなぼやんとした意識の中でも、愛護団体にたまに寄付してみたりふるさと納税で「殺処分0」をうたっていた地域に税金をおさめたり、消極的なやれることだけやってきたのですが・・・

 

もしも「あらたに飼う」チャンスがあるなら、保健所やNPO団体にいる犬を引き取りたいと思っていました。

売れ残ったり捨てられた保護犬を飼いたい

f:id:aoringoame3:20170915015625j:image

一年ほど前、前にいてくれたダックスフンドが亡くなって数年たち父が「そろそろもう一匹飼いたい」と言い出したので、

「保健所の譲渡会を見に行って、いまいる犬と相性があう犬を探したい」と話したのですが

「保健所のいぬはだめだ」の一点張り。

 

TVの志村どうぶつ園で「殺処分0特集」を見ても、近くのペットショップで話をしているというだけ・・・時間をかけて説得しようとしていた矢先。

 

ある日、突然「明日犬がくるよ」と父。

まだ説得の余地はあると思って、行動を起していなかったのが自分が情けなかったです。

 

父と引き取りにいき、

うれしそうなペットショップ店主「こんな色つや、かわいい顔のこなかなかセリにでませんよ」とかいうトークにゲンナリしながら何十万円も店主に渡しました。

 

「おまけつけときますわ!」とかよく喋る喋る・・・

 

そこで初めてうちにきた仔犬をだっこしたら、乳首がひとつたりませんでした。

でもお店の人にその特徴を欠点として伝えたら「商品としての価値が落ちる」といってるようなもの。

 

おびえた様子もなくペロペロと腕を舐めて、「よろしくー」といってるような元気な子犬をいち家族として迎えたなら、覚悟してちゃんと最後までお世話しなきゃなーっと思い無言で家に帰りました。

 

あー結局ペット産業にお金を投げ込んでしまいました。

 

今できることは何か模索中

それから3ヶ月・・・犬を譲ってもらうのではなく買ってしまった後悔も薄れ、しつけと「遊び」、子どもとの愛らしいふれ合いで忙しく立ち回って忘れかけてきた売れ残ってしまった犬たちを引き取るチャンスだったかもしれないという葛藤。

 

結局は何もできなかった自分は、これから何ができるかなーっと考えに浸っていました。

一時はペットの現状をレポするサイトや、里親マッチングサービスなんかもっとスムーズにいかないかなーなんて自分で作ることを考えていましたが・・・1からやるより、誰かが既につくったシステムに寄付なりなんなりするほうが、一匹でも助かるわけで。。。

 

そもそも殺処分0を広めたいのに、家族のひとりも説得できない自分が人になにか言えるかっていったら、言えない。

自分のことも自分の娘のことで手一杯な私には、犬を飼う資格なんてない。

 

せめて、ペットショップにいる犬や猫をみかけたら

  1. もしかしてそのまま殺処分にいっているかもしれないってこと
  2. 先進国で犬を展示販売するのは日本だけかもよってこと
  3. ペットショップだけが犬との出会いじゃないこと

この3つを知っていて欲しいなっと思います。

 

以上

今は寄付しかできないけど、仕事して貯金して投資?がんばって、宝くじあてて?ペット業界のシステム改革、「うれのこった動物は殺処分になるってしってました?」てきCMを流すことをしたいと思ってます。(ACジャパンに頼んだらいいんだろうか)

 

子どもが生まれるまでは、犬のほうが赤ちゃんよりかわいいと本気でおもっていた主婦でした。

★イヌ★

rikko.hatenablog.com

■名古屋市の取り組み 

名古屋市:目指せ殺処分ゼロ!犬猫サポート寄附金について(暮らしの情報)

■ひきとりやっていう商売が成立しています。

追跡!ペットビジネスの闇 - NHK クローズアップ現代+