読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FECKLESS-ぶれぶれ主婦webライター

娘の名言と子育て暮らしにまつわるいろいろ雑記。特に教育、子ども用品、在宅ワーク、双極性障害について書いてます。たまにゲスい

妻で母親だけど、ただ仕事がしたいってダメなの?

こんばんは。RIKKAです。

仕事ってなんでしょうね?意義とか意味とか、生活のためとか・・・

何をいきなり言いだしたかってかんじですが、簡単に言うと、家族から私の仕事のことで嫌みを言われて凹んでいます。パフォーマンスがた落ちです。

 

仕事がしたい!独身に戻りたい!自分で歩きたい

 

って言ったら身も蓋もないので、人には言えません。

ブログでしか吐けません。こんな気持ち。

 

今の状況の良さはものすごく感じています。

 

 

安定した暮らし、子どもがいる幸せ、衣食住に困らない生活。

 

何よりも子どもがいる楽しさを教えてくれたのは、家族がいるからです。

それに私が辛かったとき支えてくれたのは家族です。

 

また今独身であれば、タラレバ娘のように

「結婚したい」「子ども欲しい」「食わせてもらいたい」

と阿鼻叫喚していた可能性は大です。

 

ですが、隣の芝生は青いとはホントによく言ったもので、バリキャリママに憧れるを通り超えて、もう独身に戻りたい。

 

家族は大事ですので、そんな勝手なことはできませんが、私は私のやり方で仕事をしたいだけなんです。

 

それがちょっと普通のパートじゃなくて、同じ何かをしたい人と一緒に始めた事業(といってはやや大袈裟かな)だったのが問題で。

 

最初は無給、むしろ目的達成のために人を雇うお金も発生するので、私の財布はマイナススタート。

 

それを知った夫が、

 

「新幹線代でるの?」から始まって、

「そんな知らない人と仕事するの?」

「それでやっていける計画ちゃんとあるの?」

 

「というか、RIKKAちゃんは働かなくてもいいんだし、家庭があるんだからちゃんとしてね」

と言われ絶句。

 

翼をもがれた鳥か。私は。

 

今まで散々家庭を顧みないで、ワンオペ育児でずたずたになりました。

仕事ばっかりに没頭してきた夫に、「家庭があるんだから」という部分をそのままお返ししてやりたかったです。

 

とはいっても確かに、

夫の問いに対して、明確な答えはだせません。

 

なぜならやろうと思ったきっかけは、感覚的なもので「やりたい」「やれる」「やろう」って気持ちになった、ただの勘です。

人を納得させるような説明はできませんでした。

 

例え完璧な説明ができたとしても、そもそもわかりやすい仕事以外の仕事をする私をいやがっているのでどうにもなりません。

 

別にモラハラ夫な訳ではありませんし、いい父親で寛大な人だと思います。

ですが根底に「母親たるもの家にいるもの」という思いが見え隠れしているので、私は何か自分でやりたくて、家にいながらにして仕事ができる在宅ワークを選びました。

 

在宅ワークでのライターの仕事は、わたしにとってかなり合ったお仕事だったようで、どんどん突き詰めていったら、自分で好きなようにやりたいって気持ちに。

 

そんなときにタイミングよくよいお話しがあって、今仕事が楽しくて刺激的で

スポンジのように吸収することがいっぱいなこの毎日が楽しい、なのに・・・

 

夫からの予想外の反発をくらって、キツいです。

 

むしろアイドルのおっかけなど趣味にお金使っているの方が、夫に理解してもらいやすかったかも知れません。

 

自分で稼いだお金を次につなげるために自分が好きな仕事に使う、自分が作った時間を自分のしたい仕事に使う。それってそんなに悪いことですか?

 

そもそも仕事というものの捉え方が違うから、出発点がズレているんだと思います。

 

「仕事は辛いもの」

と夫は言います。もちろん好きな仕事でも、そういう部分もあります。

そして辛い仕事を頑張ってくれたおかげで、私達が普通の暮らしができているのは事実です。感謝しています。

 

でも主婦業だけじゃ私には合わないんです。

主婦業が得意だったり好きな人は、専業主婦になるのもいいでしょう。

でも家事が嫌いな私にとっては、仕事で自分の活路を見いださないと自分の存在価値や存在意義が見えなくなってしまうのです。

 

好きなこと「やりたいこと」面白いことを仕事にしちゃいけなかったのです。夫としては。

 

私、やっと子どもが小学生になって少し自立してくれるようになったから、お仕事を本格的に頑張りたいと思った矢先、出鼻をくじかれた気分。

 

 

妻業も母親業もやるから、ただ仕事をさせてください。

悩んだので、電話占いしましたwめちゃくちゃおもしろかったので、今度体験談書きますw

 

みんなの電話占い

オススメ記事