読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FECKLESS-ぶれぶれ主婦webライター

娘の名言と子育て暮らしにまつわるいろいろ雑記。特に教育、子ども用品、在宅ワーク、双極性障害について書いてます。たまにゲスい

【プリキュアアラモード第1話感想あらすじ】正式名称はキラキラ・プリキュア・アラモード

子育て

こんにちは。RIKKAです。

新しいプリキュアシリーズの「プリキュアアラモード」はじまりましたね。

ネタバレありのあらすじと感想をさくっと書きますので、見逃しがして子どもの話について行けず困っているママパパに送ります。大人のお友達も!(は見逃さないよねw)

【キラキラ・プリキュアアラモード】あらすじネタバレあり

f:id:aoringoame3:20170205101126j:plain

「大好きたっぷり!キュアホイップできあがり」

ハッピーセットもキラキラ・プリキュア・アラモードのようですね。

小さい頃の主人公いちかが、母のうさみいちごケーキは「キラキラ」しているという想い出のシーンからはじまります。

 

いちかが買い物中はしっていると(待ちは洋風?魔法界風)、山から生クリームがはじけて町中にホイップが落ちます。

そこに妖精のような子が飛び出てきます。

 

「レッツラクキング~」からはじまり。

 

買い物をしてきたいちかは、母が家に帰ってくるためケーキを焼くことに。

しかしスポンジケーキは膨らまず、父から「クッキー」と呼ばれ膨れてしまいます。

どうやら、ケーキ作りは下手なようです。

 

そこへ妖精のペコリンがやってきます。

そして「クッキー」といいながらいちかの作った膨らまなかったケーキを美味しそうにつくります。

 

再度挑戦するときに、ペコリンからキキラル~(混ぜすぎ)と言われ、そのアドバイスに従って、作ると・・・ちゃんときれいに膨らんだスポンジケーキが!

 

よろこぶ二人。

 

キラキラキラルンキラキラルンがおまじないのよう・・・

母は世界中を回るお医者さんのようでした。父は柔道?空手道場をやっている様子。

 

そして、電話がなりいちかが喜んででると

母から急患のためいけないとの連絡でした。

落ち込むいちか・・・

 

 

悪者「ガミ?」がいちかのケーキを狙いに来た

そこへ悪者風がケーキを狙いに来ました。

「キラキラルンはどこだ?」と

スウィーツに入っている美味しいもと「きらきらるん」を吸い取ることが、悪者「ガミ?」の本当の狙い。

スウィーツに入っているキラキラルンを吸収したガミ?はさらにパワーアップ。

 

そこへ、大事なケーキを守るためペコリンが立ちはだかり、

 

しかし母が帰ってこないなら「ケーキはどうでもいい」といういちか。

 

そしてペコリンを守るために、ガミにケーキを刺しだそうとしますが・・・

 

昔を思い出したいちか。「大好き」という母への想いがはいったケーキをあげてはいけないと、「渡さない!」とガミに言い放ちます。

 

そして襲ってくるガミが、いちかに近づいた瞬間、ケーキが光りドームのようにいちかとペコリンを囲んで守ってくれました。

 

ペコリンがここで、うさぎのショートケーキを完成させようとアドバイスします。

そして想いのこもったケーキが完成すると、結晶になりました。

突然のプリキュアへの変身

「キュアアラモードデコレーション」と突然

「れっつらまぜまぜ~」と変身し始めます。

 

なぜか、耳と足がウサギ・・・

「キュアホイップ」にいちかがプリキュアになったことを喜ぶペコリン。

 

いきなり飛べたいちかことキュアホイップは、ものすごいジャンプ力で飛び上がります。

ウサギの敏感な耳を使い、素早い動きの「ガミ?」にキック。

でもどうやって

するとケーキのようなパクトが光り、

中を空けてかき混ぜ器をくるくるとうると更に、パワーアップ。

 

そして撃退しました。

ガミの最後の言葉は「おぼえてろよー」!

 

そしておじいさんの声が鞄からします。

来週は「小さな天才キュアカスタード」

実写のケーキ作りタイム!クックルン要素あり

くっくるん、くっきんぐまいんちゃんのように、

ものすごい速さで手元だけをうつした実写でケーキ作りを教えてくれます。

 

キラキラ・プリキュアアラモード感想

今回はケーキを作ること、上達することでプリキュアとしての能力が高まるような雰囲気です。

驚いた点は

●ケーキ作りタイムがありクックルン要素が入っていたこと!

私が、しっかりプリキュアを見始めたのは、ハピネスチャージプリキュアからですけれど...こんな構成のプリキュアありましたっけ?

●れっつら

って死語だと思っていたので、やや懐かしい思いでみることができましたw

ママパパジジババ受けねらいでしょうか?

 

見る前のびっくり点は前にも書いた通り、

●動物要素がはいっている

●普通の日本でもない雰囲気(魔法界でもないような?) 

rikko.hatenablog.com

でしたが、なんででしょうね。

これはw

今後はいろいろな意味で注目していきたいと思います。

 

★子ども関連★ 

rikko.hatenablog.com 

rikko.hatenablog.com