FECKLESS-ぶれぶれ主婦webライター

娘の名言と子育て暮らしにまつわるいろいろ雑記。特に教育、子ども用品、在宅ワーク、双極性障害について書いてます。たまにゲスい

WEARを見ていると、おしゃれ過ぎて外出ムリ

work

仕事柄、WEARを使う。

WEARって何って方?

簡単に言うとファンションコーディネートサイトサイト。

説明するのも面倒なので、Google検索で引っかかったリンクを載せときます。
公式ページ
wear.jp
ECサイトしての面を説明した記事↓
www.belka.co.jp


数年前まで、こういうのって雑誌でしか見られなかったのが、
今じゃネットで見れてしかも買える
検索機能もしっかりしてて30代、ワンピ、160㎝くらいとかそんな風にカテゴライズされているのが
使いやすさの秘訣で、ファッショニスタならぬウェアニスタというWEARが公式に押してる読者モデルみたいな人もいる。ショップスタッフもいる。
そういう人は置いておいて、
f:id:aoringoame3:20160712150347j:plain
フツーにモデルか!?
というようなおしゃれさんが出てきて、めんどくさがり-な私としては
こんなやつがうようよいる街に出ていく、服がないとヒキコモリになるしかないっと思ってしまう。

こんなかわいい子もいるから目の保養になるんだけれど。
f:id:aoringoame3:20160712150403j:plain
いいね!などもありSNS的感覚、モデルさんとつながれる感じもウケル要因なのでしょうけど、
もう私の感覚からはほど遠すぎてリアルで使おうと思えないです。

Pinterestのほうがマシ

だからPinterestの方が海外の写真とかも多いから、安心する。
jp.pinterest.com

なんだろうこの差は!
海外の人ならもう遠い。Pinterestは写真なら衣食住なんでもありのブックマーク的サイトです。

WEARとは全く性質は違うんだけど、雑誌を眺める感覚で行くと…

「流行発信」と「○○ウォーカー]くらいの差があって、雑誌だときちんと編集っていうフィルターとか

タイムラグがあるからなのか、断然5分時間があったら身近な「○○ウォーカー」を読むのに、なぜかWEARだとリアリタイム過ぎて無理なんです。


試にツイッターで『WEAR 見てられない』で検索したら…

同じような感覚の人がいました。

まとめ

WEARは全然嫌いじゃない、けど多分、お腹いっぱいなのだ。

ある人にとって便利なものは、他のある人にとってはそうでもないし、ちょっとストレスになるのかも。




娘の言葉でも思い出して癒されようっと…
rikko.hatenablog.com